「タイムロッキングコンテナ」“禁欲ボックス”が人気の理由!松丸氏や古市氏もご愛用

  • ブックマーク

タイムロッキングコンテナ

『タイムロッキングコンテナ』

使い方はフタにタイマーがついていてタイマーをセットすると、セットした時間になるまでフタが閉じられて中に入れたものが取り出すことができなくなります。
タイマーは1分~約10日間セット可能で、一度セットされると時間になるまでフタが開けられなくなってしまいます。

途中で開けようとしても時間が来るまで開けられず、どうしても開ける場合は、力ずくで壊すしかありません。

ただ「タイムロッキングコンテナ」の金額が約12,000円程しますので、壊すのも気が引けますねー。
なので一度セットするともうあとは「待つのみ」です。

中に入れる物は、「ついつい」はまってしまうものです。
例えばスマホ、お菓子、アルコールなどで「やり始めたり」「食べ始めたり」あるいは「飲み始めたり」など始めたら夢中になって時間を浪費したり、食べ過ぎたり、飲みすぎたりする「もの」を入れる『禁断ボックス』です。

2013年にアメリカで販売され、日本にも2013年から販売されていましたが、松丸さんが紹介してから大人気商品となっていて品薄状態が続いています。

ナゾトレの松丸亮吾のツイートに18万いいね!

テレビのクイズ番組「ナゾトレ」に出演して人気の東大生・松丸亮吾さんが先月Twitterで「設定した時間の間は絶対にあけられない箱を買った」とツイートすると、18万を超える「いいね」が付いたそうです。

この「絶対にあけられない箱」が「禁断ボックス」とも言われている『タイムロッキングコンテナ』です。

また社会学者の古市憲寿さんもこの商品を2個購入して、大好きなチョコレートを封印しているそうです。

<2019.08.02追記>
今日の「あさイチ」で松丸亮吾さんが出演していましたが、番組の中でもこの「タイムロッキングコンテナ」の事をふれられていましたね。

購入方法は?

>>>Amazonで購入はこちら

>>>楽天で購入はこちら

Twitterの声

  • ブックマーク