Yahooのサービスが2018年6月1日から古いOSやブラウザで使えなくなる!

Yahooサービス

YahooのWebサービスが2018年6月1日以降から古いOSやブラウザでは利用できなくなるようです。

スポンサーリンク

どうして?

利用できなくなる理由としては、インターネット通信暗号化方式の「TLS1.0」及び「TLS1.1」のサポートを順次終了に伴うからです。

現在は、「TLS1.0」「TLS1.1」「TLS1.2」を対応していましたが、安全性を高めるために古い通信暗号化方式の「TLS1.0」と「TLS1.1」は対応外とするようです。

この流れはYahooに限らずJCB等のクレジット会社なども「TLS1.0」と「TLS1.1」を対応外とする所が増えてきています。

TLSとは?

TLSとは、Transport Layer Security(トランスポート・レイヤー・セキュリティ)の略称で

ウェブサイト閲覧時にWebサイトとそれを閲覧するユーザーの間の通信を暗号化することで、第三者による通信の盗聴や改ざんを防ぐための仕組みです。

古いOSやブラウザは?

適応外のOSは

「Windows XP以前」「Windows Vista以前」「MacOS X 10.8以前」

「Android 4.0.4以前」「Android 4.1~4.4.4」「iOS 5.0.1以前」

となっています。

また適応外のブラウザは

「Internet Explorer 10以前」「Chrome 29以前」「Firefox 26以前」

です。

適用外の場合は?

OSが適用外の場合はOSのバージョンアップが必要になりますが、例えばWindows Vistaを利用している場合Windows10へのバージョンアップになりますが、実際はハードが対応していなかったりするので難しいかと思います。

OSが適用外の場合、実質の対応は機器を購入する事になりそうです。

ブラウザの適用外の場合は、ソフトのバージョンアップすることで対応可能かと思います。

詳しくはYahooページでごかくにんください。

Yahooページはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする