WZR-1750DHP2 無線LAN親機は11ac規格が快適

バッファローの無線LAN親機(Wi-Fiルーター)のご紹介です。

スポンサーリンク

古いタイプのWi-Fiルーターを使ってませんか?

以前はWi-Fiルーターを使うのはノートパソコンがメインでしたが、今ではスマホにタブレットにゲーム機と多くの機種でW-Fiが使われています。

特にスマホやタブレットでは、外では携帯会社の通信を使い、自宅や会社ではWi-Fiを使うのが一般的になっています。

一般的に使われているWi-Fiルーターですが、以前の通信規格「11aや11g」を使われていませんか?

この規格では通信スピードが最大54Mbpsなのに対して、最新の規格「11ac」は1300Mbpsと圧倒的にスピードアップしています。
(少し前の規格「11n」対応のWi-Fiルーターは最大で450Mbpsでした)

スピード以外では

古いWi-Fiルーターと比べて、離れた部屋にも電波が届くのもうれしいですね。
メーカーWebサイトには「3階建でもラクラク電波が届く」と謳っていますし。
これなら中継機も不要ですかね。

それと同時に複数の機種をWi-Fiルーターにつないで使用してもスピードが落ちないのもうれしい所です。
動画など見ている時に差が出ますね。

注意点

ただWi-Fiルーターを変えればスピードが速くなり、快適に使える訳では有りません。

子機側が規格「11ac」に対応しているかによります。
スマートフォンの場合は、例えばiPhone6リーズやGALAXYシリーズ、Xperiaシリーズなどここ1~2年で発売されているスマートフォンやタブレットなら対応済み機種が多く、安心して使えます。

パソコンの場合は子機が対応していない場合は、子機も変更すれば使えるようになります。
BUFFALO 11ac(Draft) 433Mbps USB2.0用 無線LAN子機 WI-U2-433DM



今後も「11ac」対応機が増える事が予想されます。

せっかく光回線を引き、スマートフォンやタブレットでWi-Fiされている環境でしたら、是非「11ac」対応の無線ルーターに変更をご検討ください。

快適なWi-Fi環境が手に入りますよ。

BUFFALO 11ac(Draft) 1300プラス450Mbps 無線LAN親機 WZR-1750DHP2

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする