WEX-733D 無線LAN中継機

バッファローの無線LAN中継機のご紹介です。

スポンサーリンク

電波が届かないとこ有りませんか?

家の中や事務所内で無線LANでパソコンやスマホ、タブレットやプリンター等を使っている方は多いと思います。

そんな時無線LANの電波が届かなかったり、すごく電波が弱かったりして通信が出来なかったことは有りませんか。

 届きにくい場所
 ・2階建て住宅で1階の端の部屋に無線LANを設置した場合、1階の設置場所から離れた2階の部屋。

 ・鉄筋コンクリートで施工されているマンションで設置場所から離れた別の部屋。(マンションはみんな鉄筋ですかね?(笑))

こんな時にこの「バッファロー無線LAN中継機 WEX-733D」がイイです。

かんたん設置

wep-733d
設置はコンセントに挿すだけ!

チョー簡単(笑)

かんたん設定

設定も簡単です。

この無線LAN中継機 WEX-733D の『WPSボタン』と親機の無線ルーターの『WPSボタン』を押すだけ!
これで無線LAN中継機と親機の無線ルーターとで自動的に設定してくれます。(便利だー)
※但し親機の無線ルーターにWPSボタンがないとかんたん設定は行えません。

親機の無線ルーターの情報(SSID/パスワード)を引き継ぐので子機側(PC,スマホ,タブレット等)はなにも変更する必要がありません。

注意点

ひとつ注意点としてこの「バッファロー無線LAN中継機 WEX-733D」と接続中のスマホ等を、親機の近くに移動した場合、「バッファロー無線LAN中継機 WEX-733D」とつながったままで電波が弱い状態になることが有るようです。(親機の近くと言う事は中継機と離れていると言う事なので)
この場合一度スマホのWi-Fiをオフにして再度オンにすれば今度は近くの親機と接続し直しますので電波も強い状態になります。

他には?

この無線LAN中継機 WEX-733D にはLAN端子が付いているので無線機能がないディスクトップパソコンやゲーム機などでも、無線機の子機代わりに使えたりしそうですね。

中継方式は5GHz帯と2.4GHz帯の2つの帯域を同時に使用できる『デュアルバンド同時接続対応』です。通信規格によって5GHzを使う通信規格(11a、11n、11ac等)、2.4GHzを使う通信規格(11b、11g、11n等)が有ります。
2.4GHzは電子レンジの電波の影響を受ける場合も有るようですが...

また通信規格は最新の「11ac」にも対応しているとこも安心です。
※11acは「超高速Wi-Fi規格」で、理論上は6.93Gbpsの超高速通信が可能と言われています。 WEX-733D では最大433Mbpsとなっています。

電波状態がよくなると、どうなる?

・浴室の電波状態がよくなると、防水タイプのタブレット・スマホを浴室に持って行き、YouTubeを見ながら半身浴ができる。

・キッチンの電波状態がよくなると、クックパッドを参考にして料理が作れる。

・ネット速度が安定するのでストレスフリー!

スマホ、タブレットでも

家の中ではスマホやタブレットでWebを見る場合も無線機とつないだWi-Fi接続がイイです。
光回線を設置していたら一般的にWi-Fi接続の方がネットスピードは速くなります。
それにパケット使用量の上限を気にする必要も有りません。

外出中は通信会社(ドコモ、au、ソフトバンク等)を使い、家中ではWi-Fi接続で使うのがイイと思います。

室内での電波状態に不満が有る方はぜひ一度ご検討ください。

BUFFALO 無線LAN中継機 エアステーション 11ac/n/a/g/b 433+300Mbps WEX-733D


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする