低体温症の原因と対策について

スポンサーリンク

体温は36℃以上有りますか?

健康な人の基礎体温は約36.5℃ですが、36℃未満になると「低体温症」と言われ体にイロイロなトラブルが発生します。

主な症状は、頭痛・肩こり・生理痛・腰痛・不眠また自律神経失調症等…

またカゼのウイルスに感染時にも、体温を上げてウイルスを撃退しようとしても熱が上がらず、カゼが長引く傾向にあります。

低体温症の主な原因

食生活のみだれ、特に甘いものの取りすぎはよくないです。

運動不足。

冷暖房器具に頼りすぎ? 体温調節機能が鈍くなっている。

ストレス。

低体温症対策

冷たい食べ物や甘いものは控える。

旬の野菜や果物を摂る。(旬の食べ物は栄養が豊富)

適度な運動。(ウォーキングおススメ)

お酒の飲みすぎ、たばこは控える。

お風呂はゆっくり入る。

このHot tab入浴剤もおススメです。体ポカポカ頭皮にもイイようです。
Hot Tab シャワーヘッドプレゼント

-Twitterツイート記事より-

Hot Tab シャワーヘッドプレゼント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする