「大雪に関する緊急発表」を国土交通省が発表!関東甲信や東北の太平洋側

大雪

国土交通省から21日の午後に「大雪に関する緊急発表」がありました。

22日~23日にかけて大雪が予想されているそうです。

スポンサーリンク

東京23区でも積雪

下記が国土交通省の緊急発表です。

○関東甲信地方や東北地方では、明日22日昼頃から23日朝にかけて、太平洋側を中心に広い範囲で雪が降り、東京23区など、普段雪の少ない平野部を含めて大雪となるおそれがあります。

○大雪による立ち往生等に警戒が必要です。

○不要不急の外出は控えるとともに、やむを得ず運転する場合には、チェーンの早めの装着等をお願いします。

○大雪が予想される地方整備局においては、道路交通の確保ができる対応を24時間体制で行う予定です。

積雪予想も発表されています。
23日6時までに予想される24時間降雪量(多い所)
東北地方太平洋側 30~50センチ
甲信地方、関東地方北部山沿い 20~50センチ
箱根から多摩地方や秩父地方にかけて 20~50センチ
関東地方平野部 10~40センチ
(東京23区など 5~10センチ)

気象庁の発表でも
23日頃から冬型の気圧配置が強まって27日頃まで続く見込みということです。

今週はあまり身動きが取れないかもしれませんね。

車を運転する方は早めに雪対策をおこなって、運転には十分注意されてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする