麻雀(マージャン)やる子供は国語が得意になるの?

麻雀

子供に向けての麻雀教室が有りますが、

そこに通っている子供たちにはある共通点が有るそうです。

それは「国語の成績が良い」という共通点だそうです。

スポンサーリンク

でも何故?

一見、麻雀と学校の成績が関係するのか不明ですが、それも何故「国語」なのか?

それは、<諏訪東京理科大学・篠原教授>によると

「麻雀をしている時に活動が高まる脳部位と、
国語とかで文章の読解とか、裏の意味を読む脳部位はほとんど一緒です」

(参考:日テレNEWS24)

だそうで、麻雀で使う「脳」と国語で使う「脳」が同じ場所を使っている為

麻雀をすることでその「脳の場所」が発達するという事なのでしょうね。

面白いですね。

他にも効果が

学校の成績以外にも麻雀から得る効果が有るみたいです。

麻雀は4人で行うゲームですので、麻雀を通してコミュニケーション能力

育まれ、社会集団での適応応力を身に付けられると言われています。

また相手の表情やしぐさ、捨て牌と自分の牌などから

情報を読み解く能力も高まっていくようです。

これまでは麻雀といえば、男子学生やサラリーマンがメインのお客さんでしたが

今後はこのような効果を狙って、子供向け麻雀教室が増えていくのかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする