madosma Q501マウスコンピューターからWindowsPhone登場

スポンサーリンク

Windows Phoneスマートフォン久しぶりの登場

madosma Q501
以前、auからWindows Phone IS12Tが発売されたのが2011年ですから、国内では約4年ぶりに新しいWindows Phoneが発売になりました。

名称は「madosma Q501」マウスコンピュータからの発売です。

現在スマートフォンはAndroidとiPhoneの実質2種類となっていますので、どこまでWindows Phoneが巻き返すのか注目ですね。

今回発売された「madosma Q501」はOSには「Windows Phone 8.1 Update」が搭載されています。

パソコンの方では7月29日に「Windows 10」が出荷予定ですが、スマートフォン用OS「Windows 10 Mobile」も2015年後半に出荷される予定だとの事です。
Windows 10 Mobileへ「madosma Q501」のOSバージョンアップについては、マウスコンピューターでは現在のところ「前向きに検討している」という状態だそうです。
是非、提供して欲しいですよね。


セットアップは結構簡単なようです。SIMカードをセット後、電源を入れたらNTTドコモ回線を利用したSIMカード装着の場合、NTTドコモ以外にもIIJmioやOCN モバイル ONE、DMM mobile、b-mobileなどの多くのMVNO業者(仮想移動体通信事業者)のアクセスポイント(APN)がプリインストールされいますので、簡単に設定できます。

Twitterでも話題になっていますね。


売り切れで、入荷待ちの所が多いようですね。



お求めはこちらからどうぞ↓↓
6月24日現在、在庫ありです↓

MouseComputer MADOSMA Q501-WH ホワイト WindowsPhone SIMフリー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする