感染症で国内初の死亡例 感染経路は猫から


犬や猫からうつる感染症「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」で

福岡県の60代女性が2016年5月に亡くなっていた事が判明したそうです。

スポンサーリンク

犬や猫からもうつる感染症

この女性は野外で3匹の猫に餌を与えていたそうで、その時に感染した可能性が高いそうです。

この「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」は、最初はのどの痛みやせきなどの風邪の症状が出て、

その後悪化すると死亡することもあるそうです。

また人から人への感染は、ほぼないという事です。

国立感染症研究所によると、2001年から2017年11月末までに感染が確認されたのは死亡した女性を含め25人いるそうで、

北海道、東京、神奈川、香川、徳島などで患者が確認されています。

予防対策は

厚生労働省は、

『飼育している犬や猫に風邪に似た症状や皮膚炎などが出ている場合は早めに獣医師の診察を受け、過度な接触を避けるなど注意が必要』

だとしています。

猫をペットとして飼っている人は気になるニュースですよね。

特にここ数年はペットの人気ランキングなどでは犬より猫の方が高くなっていましたので

猫を飼っている人も増えていますから、飼っている人は他人事ではないかと思います。

北里大学獣医学部・佐藤久聡教授は、

『本来は、牛とか猫とか犬とか、そういった動物が持っている菌です。呼吸器症状が出てるようなものや過剰に接触しないとか、ひっかかれるとか、そういったところから入る場合も可能性としてはありますので、過剰な接触をしないということと、触ったあとに、きちっと手洗いをするということで、おおよそ防げると思います』

と語っています。

猫や犬に触れた時には「しっかり手洗いする」ことが重要なようです。

特に、野良猫や野良犬に触れた時には気を付けたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする