朝ドラ『半分、青い。』の「そよ風の扇風機」はやっぱりバルミューダ社のグリーンファンだった!

グリーンファン

NHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』の中で、スパロウリズムで制作中の「そよ風の扇風機」の話が出てきていますが、原案はバルミューダ社の製品のひとつで「グリーンファン」という扇風機だということが判明しました。

スポンサーリンク

バルミューダ社

連続テレビ小説「半分、青い。」にて当社代表取締役 寺尾玄が劇中の扇風機開発部分原案に協力しました。

バルミューダ株式会社 代表取締役社長 寺尾玄は、現在放送中の連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合 月〜土 午前8時〜8時15分 / 午後0時45分〜1時[再])の劇中扇風機開発部分において原案協力いたしました。

最終章となる再起奮闘編 “モノづくり” パートで描かれる扇風機の原案は、バルミューダを代表する製品のひとつ「グリーンファン」。自然界の風を再現し、扇風機に100年ぶりの革新をもたらした扇風機の開発が、物語の中でどのように描かれるのか、どうぞお楽しみください。

引用:BALMUDA

Twitterの声

ご購入は

楽天 Amazon
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

そよ風の扇風機 バルミューダ グリーンファン 2018年モデル 充電式 おしゃれ BALMUDA The GreenFan送料無料 【あす楽14時まで】P10倍 特典付きバルミューダ ザ・グリーンファンEGF-1600[Battery & Dock なし]◇サーキュレーター コードレス 結婚祝い
価格:38880円(税込、送料無料) (2018/9/18時点)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする